小説

2013年07月08日

げんふうけい

いくつかの創作短編小説があります。
その中のひとつ、「三日間の幸福」を読んでみたのですが、読み終えた後にほんわかとした切なさが残りました。

いわゆる負け組の主人公が、自分の人生をはかなんで残りの寿命を売って、その金で残した3ヶ月をどう生きるのかを模索します。
しかし、自暴自棄になる人も多いことから監視員が付けられ、思うことが出来ない日が続きます。
ところが、最後の最後に驚くような顛末が待っていて、“なにが幸せなのかなぁ”と考えさせられてしまいます。

この他にも主人公が、二十歳の記憶を持ったまま10年遡ってしまった「スターティング・オーヴァー」など、文章も上手く一気に読めてしまう作品揃い。
通勤や通学の電車の中で読んだり、休み時間に読んでも面白いと思います。

「げんふうけい」

kuroki_kousaku at 17:18コメント(2) 
お薦め情報
お薦め情報
最新コメント
ギャラリー