読みもの

2014年08月23日

のび太「ドラえもんが消えて、もう10年か……」

ドラえもんの二次創作はたくさんありますが、最近話題なのがこれ。
のび太は社会人となり、相変わらずさえない毎日を送っています。
もちろん、ジャイアンやスネ夫などのお馴染みキャラクターも青年に成長して登場します。

ですが...

ああ、こんな未来もアリだよなぁ...って感じさせるエンディング。
読み終えるとなんだか“ほわん”とした余韻が残ります。

多くのまとめサイトで読めますが、今回はViRATESをリンクしておきます。


のび太「ドラえもんが消えて、もう10年か・・・・・・」

kuroki_kousaku at 16:00コメント(17) 

2013年09月26日

風俗行ったら人生変わった

いつのまにか佐々木希で映画化されていたんですね?
全然知りませんでした。
でも佐々木希ならこのお話の風俗嬢はイメージどおりかもしれません。

タイトルには風俗って入っていますが、全然エッチなお話しではなく、純愛ストーリーなのです。
主役は冴えないブサメンで、その男が好きになっちゃうのが世間知らずでお人好しの風俗嬢。
実はこの風俗嬢ですが、とんでもなく天然で...おっと。これ以上書いてしまうと映画を楽しみにしている人にネタバレになっちゃいますので止めておきます。

それでも先に元ネタを読んでみたいと思う方は同タイトルでググれば今でもまとめサイトなどがいくつもヒットします。
例えてみるなら数年前に記録的ヒットした『電車男』的な?
ほんわかした感動があります。
そんな作品をまずは読んでみたい方に、全文が読めるVIPSTARSまとめをリンクしておきます。

「風俗行ったら人生変わったwww-VIPSTARS」

kuroki_kousaku at 23:10コメント(10) 

2013年09月09日

あの夕陽、メリーさんの街

読み終えた後、切なさと同時に感動しました。
こんな幽霊なら会ってみたいと本気で思えます。
脇役達もみんな個性的なキャラクターだし、いろいろなところに伏線が張られていたりもして読み応えはあります。
人によっては10代の頃の切ない恋心が蘇るかも?

残念だったのは、この作品に対してレビューを書こうと思っても、このサイトに登録しないと書き込めないこと。
面白いと思った人はこの作品のところにあるTwitterやFacebookのボタンで意思表示するしかありません。

「あの夕陽、メリーさんの街」

kuroki_kousaku at 01:37コメント(47) 

2013年08月20日

セブンきゅ~ぶ

円谷プロ創立50周年の今年、それを記念して描かれたウルトラセブン×JK=激アツ青春グラフィティ!
円谷ファン必見の青春物語がここに展開。

漫画なのですが、この女子高生達の制服はウルトラセブンを見たことのある人なら絶体に見覚えがあると思います。
他にも「ウルトラマンセブンゆーなぁー!」とか、セブンファンならうなずける台詞多数。
サブタイトルも「姿なき挑戦者」「超兵器R1号」など記憶に残っているものばかり。
街並みの中にも遊び心満点で、いろんなところにセブンテイストが散りばめられているのはもう涙ものです。

怪獣が暴れてセブンが退治するストーリーではありませんが、この作者の“ウルトラ愛”が感じられる作品です。

「セブンきゅ~ぶ」

kuroki_kousaku at 14:46コメント(34) 

2013年07月08日

げんふうけい

いくつかの創作短編小説があります。
その中のひとつ、「三日間の幸福」を読んでみたのですが、読み終えた後にほんわかとした切なさが残りました。

いわゆる負け組の主人公が、自分の人生をはかなんで残りの寿命を売って、その金で残した3ヶ月をどう生きるのかを模索します。
しかし、自暴自棄になる人も多いことから監視員が付けられ、思うことが出来ない日が続きます。
ところが、最後の最後に驚くような顛末が待っていて、“なにが幸せなのかなぁ”と考えさせられてしまいます。

この他にも主人公が、二十歳の記憶を持ったまま10年遡ってしまった「スターティング・オーヴァー」など、文章も上手く一気に読めてしまう作品揃い。
通勤や通学の電車の中で読んだり、休み時間に読んでも面白いと思います。

「げんふうけい」

kuroki_kousaku at 17:18コメント(2) 

2013年02月16日

青空文庫

日本文学を中心に作品を公開しているサイト。
読みたくなったらまず検索。

作者毎や作品毎に検索できるのは便利だ。
夏目漱石、与謝野晶子、宮沢賢治など日本を代表する作家はもちろん網羅している。

本を買うほどでもないが、或いは買いに行くのが面倒臭いなんて時にはここで読んでしまえる。

ただ、横書きなので読書の雰囲気とはちょっと違うかもしれない。

「青空文庫」

kuroki_kousaku at 18:23コメント(237) 

2013年02月14日

ドラえもん最終話

元々、小学○年生に連載されていたので、学年末になると最終回が掲載されていた。
よって、原作者による最終回も複数あることは広く知られている。

この他にもファンが作った話など、ネット上には多数が存在する。
たとえば「ドラえもん最終回」などは、だれでも作品をメールで投稿することができる。
どの作品も小説のような出来栄えとなっている。

この中の「電池切れ編」は、何年か前に同人誌で発表された田嶋・T・安恵さんの作品が元になっている。
この作品は秀逸で、他のサイトにも形式を変えて紹介されている。

これらの元ネタである田嶋・T・安恵さんの作品は2005年に自費出版され、同人誌としては異例の1万3000部以上を売り上げたほどの反響。
対して版元の小学館は著作権の侵害として裁判を起こすほどの社会現象ともなった。

その同人誌がこれだ。
「ドラえもん 最終話/田嶋・T・安恵」
但し、このサイトはご本人が作ったものではない。...と思う。

この同人誌による最終話は、原作も含めた数ある最終話の中でもかなり完成度の高い、感動的な逸話である。
個人的にはこれが一番だと思っている。
原作をも超えた感動がある。

どうやら、そう思っているのは他にもいらっしゃるようで嬉しい。
感動のあまり涙がとまらない非公式ドラえもん最終回:TERA the wa KINGDOM



「ドラえもん 最終話/田嶋・T・安恵」

kuroki_kousaku at 19:04コメント(3) 
お薦め情報
お薦め情報
最新コメント
ギャラリー